おまとめローンで計画的返済術を学ぼう!

おまとめローンの基礎知識

LOAN

借りる?借りない?

個人にしても会社にしても借金が全く無いという人は非常に稀な存在でしょう。 住宅ローンやマイカーローン、事業資金ローンなどの借入は利息制限法が改正された後も活発に利用されています。問題はその借金は大丈夫なのか?ということであり、借りることは危険ですということではないのです。≫安心の借入業者一覧

幼稚園の砂場で遊んでいたことを思い出してみてください。友達におもちゃのスコップを「貸して」といわれて「いいよ」と貸したことがありませんか。その後、よほどのいじわるな子供で無い限り「ありがとう」と返してくれたことでしょう。なかなか返してもらえずにケンカしてしまうと先生が仲裁に入って解決してくれたはずです。

借金もこれと同じで、債務者が100万円を貸してくださいとお願いして債権者から金銭を借り受けます。これは書面に限らず口頭でも効力は発生します。月々に5万円を返済するという約束をして履行し続ければ問題は起きませんが、万が一、返済不能に陥った場合は子供ではないですが大人の喧嘩になっていきます。その場合は裁判所などが保育園の先生同様に仲裁に入り当事者間の今後を決めていくことになるのです。結局は借りたものは返すという幼稚園のルールは大人になっても有効なのです。

ファイナンシャル・プランナーなどが収支をチェックして債務の返済表を作成してくれているのなら安心ですが、借金をしている人の多くは収入に対しての返済の面しか見ていない傾向があります。人生には必ずイベントがあり、結婚、出産、子供の入学、病気、親の介護、マイホーム購入など出費がかさむ時に債務を抱えていたら家計は厳しくなるのは当然です。筋書き通りにいかないのが人生ですが、ある程度はライフプランニングをしてそのグラフにできるだけ近づけるようにしたいものです。

繰り返しますが、法律に逸脱せずにしっかりとした借金であれば必要に応じて借りることは悪ではありません。そのためには、金融リテラシーを学ぶ必要もあるでしょうし、目的と無理のない返済計画も不可欠なのです。

過去に事故歴がない人であれば、比較的簡単にお金は借りることができるでしょう。それも審査が通れば即金で手元にお金が入ります。しかし、そのお金はあなたの物ではないのです。これから、利息を含めて長期間返済をしなければなりません。 完済する自信はあるでしょうか?